血糖値を下げるためには運動が良いといわれており、医師から体を動かすように指示されることもあります。 では、どういった運動をすれば良いのでしょうか? 血糖値を下げるのにおすすめの運動は有酸素運動で、その中でもウォーキングが良いといわれています。 ウォーキングの最大のメリットは、毎日続けやすいという点です。 他の有酸素運動だと途中で止めてしまう可能性がありますが、ウォーキングなら体力の消耗が少ないので、毎日続けやすいでしょう。 また、特に準備するものもありませんから、気軽に始めることができるというメリットもあります。 ウォーキングの時間は、30分〜1時間程度で十分です。 スピードはゆっくりでも構わないので、自分の体力に合わせて行ってください。 大事なのは、できる限り毎日続けるということです。 1週間に1回や2回ではなく、最低でも1週間に5回くらいは行うようにしましょう。 理想は毎日なので、できれば一日に一度、ウォーキングする時間を設けるようにしてください。